ギャラリーカフェ 寸座フランセ
ギャラリー&カフェ 寸座フランセの紹介ページです。

プロフィール

ミントクミ

Author:ミントクミ
寸座フランセへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



地元画家作品展 8月9日まで

8月10日から、「藤井のぶ子油彩画展」が始まるまで、地元画家3人の絵画を展示しています。
松崎九鬼さんは、引き続きアクリルケースの油彩画、
牧田治子さんの花や、貝の水彩画、
上野博さんは、『浜名湖』の風景2点、薔薇の水彩画。

大人の落ち着きを感じる、絵画展になりました。
20060731183805.jpg

上野博画 「浜名湖」

大変暑い日が続きます。

すっかり、夏です
暑くて暑くて外ではたまりません。
この暑さの中でも、「九鬼ワールド」の作品たちは涼しげに微笑んでいるかのようです。

画家秋山氏は、「九鬼の気配をかんじるぞ」とおっしゃられました。
そう、「九鬼さんの気配」という言葉がぴったり。作品は、そのひとそのもの。
背筋を伸ばして、きりっと立つ九鬼さんがそこにいます。20060727161256.jpg



おおくの画家の方がたが来店されました。

madokara.jpg

梅雨も明けず、連日の蒸し暑さだったり大雨だったりで、窓の景色はこんな感じの今日です。

九鬼先生の作品展は、画家の方がたがおおくいらっしゃいました。
それぞれ、感想&メッセージを残されていくのですが、芸術家の交流場のようで嬉しい限りです。
20060719162016.jpg

最近の作品〔100号)です。

松崎九鬼 トルソーのある部屋。

20060707153858.jpg

「トルソーのある部屋」と勝手に名前をつけました。
孤独と無機質なやさしさを感じる絵です。
閉じ込められている、静かな感情が表現されていると思います。

トルソーとは顔のない胴体ですが、顔がないのに表情がある()人の「からだ」とは「ものいう」ものですね


松崎九鬼さん プロフィール。

松崎九鬼〔女性)
1946年生まれ 浜松在住
武蔵野美術大学短期大学部 油絵科卒業
浜松市展 大賞
静岡県展 奨励賞 ・県女流美術協会 奨励賞
県美術家連盟 奨励賞・連盟賞・会員賞
自由美術協会展 佳作賞(2004 東京)  各地作品展
浜松美術協会理事
県美術家連盟理事
20060705153912.jpg



松崎九鬼 絵画展は、クールです。

松崎九鬼さんの大作が、ガ~ンと並んだ
色彩は、グレー、こげ茶系、黒系、黄土色、暗い赤など落ち着いた色が多いです。モダンな中に、日本の美が融合しています。
九鬼さんいわく、「見る人の視点で感じてくれればいいのでは?」と。
一枚の絵の中に、何を感じるのでしょうか?
自分自身を見つけるのでしょうか?
20060703182443.jpg