ギャラリーカフェ 寸座フランセ
ギャラリー&カフェ 寸座フランセの紹介ページです。

プロフィール

ミントクミ

Author:ミントクミ
寸座フランセへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ようこそ、寸座へ。

今日は、なんと4時間もかけて埼玉県からバイクで個展を見るために来てくださった方が
「本当は、車で来たかったけれど今ジュリアは入院中」なのでバイク(アメリカン)ということでした。

版画みて、ランチして、また4時間かけて帰るのですね~

(本当にありがたいです。)

先日大雨の日に傘さして天浜線できてくださった画家の方もいらっしゃったし。
そんなお客様が、「素晴らしいところですね」と言ってくださって。

「好きなもののためなら、どこまでも」・・・ですね。


20070627152810.jpg

20070627153215.jpg



夢を持ち続ける。

20070625155942.jpg

今日も、車好き(アルファ好き)や、車の切手&ミニカーコレクターが集まっています。
少年の夢や青春時代の気持ちなんだろうなと思えるほど、お洒落なおじ様があつ~く語り合っています。

人と人が幸せな笑顔で過ごす時間はよいものです。

「夢を持ち続けることは素晴らしいことだ」と、今の若い人や子供達に教えられたら、もっと将来は明るいものになるのではなどと思ってしまいました。


20070625174335.jpg



画集を楽しむ。

昨日は、「なんと暑いのだ!」と思っていたら、今日は大雨
ジュリエットグレコ〔シャンソン)でも聴きながら、画集を見ることに。
Sさんにお借りした「国展」と、「若冲」の2冊をじーっと見ていました。画集は何度見ても楽しめるし、そのときの気分によって感動する絵が違ったりします。
一度見て、心に引っかかる絵はまた違ったイメージが膨らんだりして・・。

「国展」の画集は、ひとりひとりの世界があってそれを想像するのは面白いし、
抽象っぽい絵は、どんな風に見えるかで自分自身の内面があらわれてしまうのはちょっと怖いかも
(その中の絵で、Sさんは「ありんこ」に見えたものが私には「にょろにょろ虫」に見えてしまってショックでした)madokara.jpg



MIKIKO展へ

今日は、MIKIKO展をやっている舘山寺の「花の井」さんに行って来ました。

ロビーに思いっきり絵画が飾ってあって、わくわくしました。
「美しい女達」の着物の帯に「白い夏椿」が描き足されていてとても新鮮でした。背景も、色が加えられて豊かなやさしさがプラスされて。
「ミルキーウェイ」の星空が素晴らしかったし、「母がいたら」は少女の後姿にきゅんとしました。(ああ、MIKIKOさんだ・・・と)
一緒にいった私の母は、女性の肌の色に感心していました。
ホテルのゴージャスなインテリアにも、負けず劣らずのMIKIKO作品でした。20070619224330.jpg



車すき!

20070616183558.jpg
(F1 いまどきの車好きのイメージ)
牧田先生の版画は、結構本格的なカメラを肩にした静かな男の人がはまっています。モノクロだから、「黒のバランスがいい」とか。

車好きは日本では分散していて広く浅くだったりして、「アルファロメオ・ジュリア」が大好きという牧田さんのような人は、少ないという事です。

「F1がすき」とか「フェラーリが好き」とか、車好きにもいろいろあって・・・。(こだわりが重要なんですね
絵画なんて全然見ないお客さんが「これ跳ね馬、フェラーリ」とウレシそうに眺めていました。絵の楽しみ方は様々。
難しく考えなくても、「これすき」で充分ですよね。

20070616185754.jpg
〔アルファロメオジュリア)


夏夏夏気分。

20070612225105.jpg

すっかり夏です、まだ梅雨前だというのに。
「かき氷とかいいかも」と思ってしまう今日でした。
20070612225409.jpg

まみーこさんのシロクマたちはスイカに夢中で。

昨日は、画家のお二人が絵の写真を撮っていきました。
寸座の「夏浜名湖」もいいですよ

ラリーランサーの版画。

牧田氏の版画は、車のことを良く知っているとますます面白くなる。
「このランサーは、スピンして逆ハンドルをきっている」
20070610184110.jpg

まるで、今運転しているかのように解説してくれる牧田さん。
「コーナーを走っているので、車体が少し傾いている」
20070610184501.jpg

走っている車の絵は、車の知識の程度によって理解の深さが違うんですね~。ううむ、わかる人ほど面白い仕掛けがあるんです


海外でも活躍してます、MAKITAのプロフィール

牧田哲明(マキタテツアキ)
1935 豊橋市生まれ
1975 日本自動車アーティスト協会(JAAA)に加わる
1983~84 三菱自動車〔株)ラリーアート海外向けモータースポ
ーツのカレンダー原画(’83歴代ラリー・ランサー木版画。’84パリダカール・ラリー油彩)
1986~88 瀬戸大橋ヒストリックカーフェスティバルポスター木版画(’86アルファロメオ。’87ベントレー。’88アルファロメオ他)
1987 岡山個展。’88倉敷市立美術館(オートアート展出品)
  89 三菱オートアートギャラリー展(ヨーロッパ、アメリカ他)
  93~モンタレーヒストリックオートモービルレース記念木版画
  95~東京倉敷などで出品
2001 アルファロメオ牧田哲板画展(パシフィコ横浜)
  04 個展 (上福岡・カリフォルニア)

6月9日(土)より 「牧田哲明自動車版画展」

あえて、「自動車版画展」ですが「T・MAKITA~イタリアの歴史的レースのモノクロ作品」というほうがピッタリな感じ。
20070606155433.jpg

アルファロメオをこよなく愛する木版画家、世界でもたった一人の絵画としての「車」を描きます。

イタリアレースの雰囲気と日本伝統の版画技法との融合作品。
車好きは勿論のこと、絵画(木版画)としても楽しめるというカッコイイMAKITAの作品達です。20070606160500.jpg

お楽しみに

6・1 ランチDEライブ~ボッサの風が吹く

20070602182233.jpg

6月1日、寸座フランセはボッサの風が吹きました 「ボッサカフェ」という男性デュオは、ノリノリ15名ほどのお客さんもノリノリ
20070602182717.jpg
踊るサッチャン現る

午後のこんな時間にボサノバって合うよね」と言う、ととみちゃん。
「MCが笑えるう南米かって言うかオヤジギャグ」なんだか、うちってこんな店だっけ?
昼間っから、「こんなカフェギャラリー」不思議な空間・・ボッサ・ノ~バ

そして、オリジナル「浜名湖に寄せる詩」をまったりまったりと聴かせてくれました。まるで、浜名湖のさざなみのように