ギャラリーカフェ 寸座フランセ
ギャラリー&カフェ 寸座フランセの紹介ページです。

プロフィール

ミントクミ

Author:ミントクミ
寸座フランセへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



雨の日。

20070929173805.jpg
(みずたまり)
今日は、雨。信じられない暑さの9月でしたが、今日は晩秋のような寂しい雨の日です。
この絵のように、楽しい雨の日ではありませんが・・・というか、子供の頃は、雨の日も晴れた日も楽しかったような気がします。
雨が降ってもぬれて遊んで、北風に向かってかけっこしたり、と。

「大人になるとさみしくなる」ものですね。
カズコ先生は、「いつまでも、おとなにならない」と自分の事を言いました。H先生が、「絵てがみは、子供の心で描く」といった事に対するカズコ先生の答えです。
「じゃ~合格ってことね~」と、明るい声で・・・。


madokara.jpg
(雨の初秋)


「笑って」と「雨降り」

20070927172508.jpg
(笑って)
この作品は、横尾忠則出身の西脇市SMコンクールで入賞した作品です。SMサイズの小さな作品ですが、広がりがあって、自由で、白い犬や黒い犬を連れてお日様も笑ってみんな笑って笑ってって感じで・・・。
見た人も、思わずほほえんでしまうのです。
色彩も、散漫にならずにまとまりがよく それでいて、計算ずくでないところがよいところです。


20070927173410.jpg
(雨降り)
幼い頃、雨が降ると傘をさすのが嬉しくて、みずたまりに入るのが楽しくて、という思い出が誰にでもあるでしょう。
そんな雨の日の記憶です。
この絵を見たとき思わず「6月に描いたんですね!」と先生に言ってしまいました。そう、私にも雨音が聴こえてきました。


作品2点。

20070924202646.jpg
『森へ』
イエローが効いています。→ここが、「カズコ流」
白い馬も幸福感が表れているようです。しっとりと湿度感がある森の雰囲気がでています。
20070924203347.jpg
(昼寝)
夏の午後の感じが出ています。風鈴の音、金魚売の声、時間が止まったようなすだれのかかった窓。昼下がり、金魚もお昼ね、水中花・・・
20070924204110.jpg



今日のお客様。

20070923165555.jpg
(教え子の斉藤先生とカズコ先生)
A高校の体育の先生の斉藤先生です。教師としてのお話をしてくれました。頑張って欲しいって思いました。

20070923170053.jpg
(米丸さんと)
いつも、絵の展示などいろいろ教えてくれて、協力してくださる米丸さんです。
今日は、日曜日なので沢山お客様が見えました。

20070923170414.jpg
(クーニャン・カズコ)
シルクドレスがお似合いです


美術の先生だったカズコ先生。

カズコ先生は「スピカ展」をやっていると以前書きましたが、学校の先生と言うのは本当に大変でストレスと溜まる職業らしいです。

教育というのは、難しいでしょうね。生徒と学校の板ばさみで、さらに自分の勉強もあるでしょうし。。。。
(TVでも、中・高校のひどいいじめとかテーマになっていて、観ているぶんには迫力があっていいんだけど、かなり病んでいるらしい。)

→「スピカ展」というのは、美術教師への応援だそうです。特に、「新人の先生達頑張って!」という願いが込められているのだそうです。

カズコ先生は、もう学校で教えていないけれど、大人になった教え子達が会いに来ます。「いい先生だったんだなあ!辞めてしまってもったいないなあ」」と思いました。

でもきっと、学校では今の作品のようなファンタジックな作品はなかったでしょうね

画家の人達の興味深い所は、その時の心理状態が作品に表れることです。
カズコ先生、今は幸せなんですね
だって、「さくら姫」、ピンク花盛りです。



カズコのファンタジーワールド!

やっぱり、人気者のカズコ先生。
「元気もらいに来ました」というファンが・・・。

カズコの絵は、カラーセラピーですね!
心の無意識の部分を刺激します。クリアーな明るい色彩と、色の組み合わせとか、分量やバランスが心に安らぎや元気をくれます。

『散歩』という絵は、小学生の頃を思い出します。秋の夕暮れ時、影が長くなって・・・犬とかけっこした事とか、風が吹いていたこととか、どうでもいいような記憶がとても懐かしかったりして。
絵を観ていると、心の奥の記憶がよみがえります。

「森へ」という絵は、白い馬が青い森へいざなうように歩いています。
私たちを、遠い森の中に誘います。
・・・・静かな静かな気持ちになります。

カズコ先生頑張れ!

kazuko先生は30年間の教師時代、生徒には基本どおり描くように指導するいっぽうで、絵画の本当の楽しさとは何かを考え続けてきた。そして、5年前に退職をきっかけに画集を出版したり、教師同士で参加する絵画展(スピカ展)に積極的に参加してきた。
「教師時代恩師に言われた『描きたい物を自由に描け』という言葉が創作の原点。」~静岡新聞記事より

一緒に私も話を聞いていたのですが、感動しました。「美術を教える者が描かなくてどうするんだ!」や、「絵の本当の楽しさを教えたかった」という先生の言葉に

同時に、教育としての美術に問題も感じました。


20070914160059.jpg

先生、スピカ展も頑張って続けてください。

ラブリーカズコ先生。

20070912170821.jpg

20070912170854.jpg

(和子先生・ギャラリーにて仕事中)

「自分にしか表現できない世界を描き続けたい」と、昨日の静岡新聞に載っていました。
カズコ・ワールド全開です
20070912171747.jpg

ラブリーオーラ(皆に愛される)の持ち主のKAZUKO先生です。

小楠和子「花と遊ぶ展」

9月7日(金)~KAZUKOの「花と遊ぶ展」が始まりました。
20070908170537.jpg
(散華・小楠和子画)
花が、舞い散るなかを白馬に乗って天に駆け上がる少女。

「散華」とは、仏教の言葉だそうです。(綺麗な言葉です)
そして、少女が天使のようです。


20070908171424.jpg
(秋日)
富士山と、秋の花が、カズコカラーで描かれています。
POPで、いけてます。


手作り個展の看板。

カズコ先生と米丸瑞枝さんと「花と遊ぶ展」の準備をしました。
看板も、外の案内板も、みんなカズコ先生の手作りです。本当に、心のこもった個展です。
看板なども、作品としてとっても素敵なものです。

20070906203801.jpg

(画集・「海と空のファンタジー」の「浜辺にて」)

絵画作品の一部には、手書きのお話カードも付けられています。
きっと、カズコ先生のほんわかとしたやさしさにつつまれて、ひとときを楽しめるでしょう。


MIKIKOさんはなんでできてる?

台風が近ずきつつある今日、午前中はMIKIKOさん宅にお邪魔しました。
MIKIKOさんのおうちは、全く画家の家そのもの。大きな作品がどの部屋にもたくさんありました。
初期の頃の作品、今作成中の作品、これだけ作品がある画家は珍しいのではないかと思います。
棲み家そのものが、絵のための空間なのでした。

そして、久谷や有田や伊万里など素晴らしい陶器の数々。
ヨーロピアンなインテリアと、古い日本の器が、MIKIKOさんを作っているのでしょうか?
絵との共通点を探そうとしている私でした。

ある意味、画家の家(アトリエ)は興味深いものです。「作品の素」が隠れているようで。

20070906202121.jpg



9月7日(金)より 「花と遊ぶ展」

20070903154142.jpg
(花のまわりで)
9月7日(金)~9月30日(日)
小楠和子(おぐす かずこ)「花と遊ぶ展」です。

ogusu000.jpg
昨年のKAZUKO先生(左)

まだ、展示した事のない作品をお見せします。
ぜひ、KAZUKOのファンタジーワールドをお楽しみ下さい。


さようなら、まみーこの動物達。

八月も終わり、夏も終わる。。。
9月1日、まみーこの作品たちがおうちに帰ってゆきました。

シロクマ兄弟も、白玉ちゃんも、カルメンも、セピアーニ船長も、ハロルドも、タコのバーテンも、あとゾウさんも、みんな~さようなら~

来年も、会えますように
20070901175142.jpg


20070901175412.jpg

みんな元気でね、新しい仲間を連れて、また来てね

こんにちは、MIKIKOさん。

「まみーこ展」最終日の8月31日で、湖の向こう岸の「舘山寺美術館」での「MIKIKO展」も終了でした。

その近くのホテル「花の井」ロビーにある、まだ見たことのない「MIKIKO作品」に会って来ました。
青竹をバックにした美しい女たちは、ホテルのロビーを華やかに飾っていました。

青いドレスを着た「木陰のアイスティ」は、涼しげです。

「四葉のクローバー」という作品は、好きな人の幸せをそっと祈っている女の人なのかなあと思いました。

ニューバージョンの「GARDEN」も、女性の美しさがよく表現されていました。

変わらずMIKIKO作品は、期待を裏切らず「秋野不矩美術館のMIKIKO展」がとっても楽しみです。
20070901175914.jpg

(MIKIKO画・NAOKO)