ギャラリーカフェ 寸座フランセ
ギャラリー&カフェ 寸座フランセの紹介ページです。

プロフィール

ミントクミ

Author:ミントクミ
寸座フランセへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



雨のち夏模様

朝からの雨も止んで、JOINT4の片付けの時には青空が見えていました。

晴れて陽ざしが射してくるともうすっかり初夏です。
ノウゼンカズラ 015
駐車場のノウゼンカズラが南国風です。
紫陽花はそろそろ終わりごろ。

窓から見える浜名湖の連絡船が昨日と今日は、寸座港に何回もやってきます。
・・・今年11月頃には、連絡船+遊覧船も終わりだとか。

時代の流れなので仕方が無いけれど、寂しいです。

花や木は、季節になると忘れずに変わらず葉っぱを茂らせ、花を咲かすのに・・・。
yagi 327

午前中、瀬川明子さんはメンバーより早く来て、読書していました。
村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」(読み直し?)
裏表紙を見てすぐ分かりました、私も大好きだから。

人形作品を創る人×観て感動する人(私)・・・「感覚が似ているんだ~」と言い合って嬉しかったです。
Kさんは、「ピンクフロイドだ!」と共感し、見事に瀬川さんも「大好きだよ~!」と、ぴったんこでした。

新しい出会いのある展覧会でした。











[続きを読む]

名残惜しくも・・・。

今度の日曜日、28日のお昼過ぎには「ジョイント4」の展示終わってしまいます。

4人のアーティストのそれぞれのファンの方が、他のメンバーの作品を観られるという利点がありました。
瀬川さんの創作人形を習っていた方(習っている方)が、絵画やマクラメを楽しめたり・・・。
マクラメをやっている方が、絵画などと作り出された空間を楽しんだり・・・。
「繋がるアート」・・・、ジョイントです。

個展はよくありますが、今回のようなジョイントはメンバーの理解と協力がないとできません。

見る側も、メンバーの違った個性や素晴らしさを知り、×4の得した気分です
また、こんどのジョイントに期待します
ajisai 010




梅雨です。

ajisai 003
昨日、お天気のさえない日曜日。
画家の先生方が、入れ違いにみえたので先生同士は会えませんでした。(残念

でも、(私)ミントクミは一人ひとりとゆっくりお会い出来てよかったです。
U先生は、構図のことを教えてもらいました。
K先生には、カッコイイ芸術家の同級生のお話や写真を見せて頂いたり、M先生は絵心について。
そしてT先生は、生活と人のタイプとか。
・・・(アートと関係無さそうでも、心の中のことを考えさせられますし)

やっぱりアーティストの話は、現実から時どき離れて夢があります。

新居からいらっしゃるSさんご夫婦は、いつもとても楽しそうに作品を見てくださります。
「僕は、OOの絵画だからいいと思わない。自分の心に訴えかけるか、好きかどうかだけだ。」
「会社や自宅にかけてある絵をみると、毎日違って見えるんだ。自分の気持を映すから、いつも楽しめるし、もっともっと好きになる。」

その絵が好きというのは、とても個人的な理由なんだ!

現代アート、抽象画って「わからないわ~」ととかく言われますが、Sさんのように観れたらいいなと思います。

ajisai 002
(この作品は、赤がとってもキュートだと思いませんか?)




九鬼さんの作品

ajisai 001
松崎九鬼さんの作品。
自由で、のびのびしています。

「これは船ね、浜名湖のヨットだわ」と、嬉しそうにおっしゃる方。
・・・出港、旅立ち、スタート?・・・キャンバス地に描かれたカタチ。

「作者の彼女はきっと自由に自分らしく生きている」と言う方も。

観かたはそれぞれ、その人の心に見えたものがアート。




かっこいいひと

ajisai 008
紫陽花がきれいです。
ajisai 004
「白い紫陽花が好き」と言ったひでさん、またまたステキな笑顔でみえました。
(自転車→天浜線→徒歩)
彼女は、小説とか本を長い時間をかけて点字の本に訳しています。(ほんとに偉いなあと思います)

絵を見たり、今回はマクラメも人形も楽しみに見に来てくれました。

joint 001
「昔マクラメやっていたのよ。数珠をつなげて暖簾を作ろうかな」と、マクラメをみてアイディアをもらったそうです。
彼女のプラチナのロケットがキラリ中は旦那さんで、「こうやって連れて来てるの」と。
「私はやらなくちゃいけないこと(点字も)がたくさんあるから、寂しいと思ってる暇が無いわ」
そういう彼女は、「来年は80になるのよ」とくすっと笑って言いました。

JOINT4も、カッコイイ大人の女性達ですが、ひでさんのような先輩もいます。

・・・「私眼鏡が要らないの」ですって。



お人形さん

今日、クレイ人形の瀬川明子さんにお会いしました。
そして、人形をちょっと移動しましたが、さすが!作者は違う

瀬川さんが、ささっと動かすと、お人形が生き生きと表情を表わすのです。
「心が繋がっているなあ」、瀬川さんは造りながら人形と会話しているのかもしれません。
art joint 4 002
お雛様のように並んでいたコたちが、すごく可愛くなりました。

「福」と書いたショルダーバッグをかけて散歩しているうさちゃんです。
art joint 4 004

眠り猫ちゃん・・・・魚の夢を見てるんじゃない!と思う
art joint 4 003


背中がとてもいい 哀しいとき?夢見てるとき?
art joint 4 007





fuku mini
今日は、とても良いお天気なので、「秋野不矩美術館」に行って来ました。

「山本丘人展」-魂の抒情詩 (やまもときゅうじん・1900~1986)・・・6月7日まで・・・
日本画です。
三章に分けて、時代ごとに変化してゆく様子が楽しめました。

わたし的には、1936年の「海の微風」・・・なんとなく浜名湖国民宿舎(気賀)からの眺望のような風景だからです。
よく見ると、後ろ向きに立っている浴衣の女性の前髪がはらっと風に吹かれている・・・。
黄色い三尺も、浴衣の赤い花の柄も、緑に映えています。
(と言っても、柔らかい色で、特に線が強調されているわけでもありません。)

丘人の絵は、構図が特徴的でした。
1932年「青い海」のように前に左右対称に家が大きくあって、真ん中に抜けるように明るい夏の海が見える・・・。
この絵も素敵でした。


で、帰りは(?)天竜→浜松→鷲津へ
「円展」6月2日~7日・・鷲津晴春堂画廊(山本表具店)
米丸瑞枝さんと小楠和子さんが、笑顔で出迎えてくれました。

akinofuku 005
故渡辺俊明先生の会の展覧会です。
看板とか、目録とかカズコさんが手作りでカワイイ 
瑞枝さんが野の花を生けてあるのも、やさしい
アットホームな展覧会です。

小楠和子さん&米丸瑞枝さんの素敵な絵を観て、お二人と盛り上がって、遊びにお邪魔したみたいに楽しい時間でした。ありがとうございました。





その1・特にマクラメについて。

今日から、「ART JOINT 4 」が始まりました。

鈴木真弓さんのマクラメ・・・・~知っているようで知らないマクラメについて~

マクラメとは、アラビア語の「ムカラム」・・交差して結ぶ、から来ている。
世界中で昔からあり、日本では、山伏のほら貝の周りを包むもの、相撲の化粧まわし、そしてサッカーブームでお馴染みのプロミスリング(ミサンガ)、お父さんの好きな縄のれんなど。
神事にまつわるものから、日常見かけるものまで、私たちが知っているのばかりでした。

全く編み棒などは使わずに結び、その繰り返すことによって、心のままにアート作品を創り上げてゆく真弓さん。
キャベツのように球体がコロンコロンと自由に、
夢のようにやさしくあたたかく、
鳥の巣のように集まっていたり・・・。

九鬼さんの作品も厚い布に描いたり、ロープを結んだりの部分があり、ハンドメイドのぬくもりがあります。
創作人形は、玉を持っているのもあります。
版画のモデルは、丸々とふくよかです。

共通点は、球体、玉でしょうか?
玉、タマ・・・・・・魂、霊(言霊とか)。

どんな風に感じますか?
心をうんとゆるめて、この空間を楽しんでください
joint 001