ギャラリーカフェ 寸座フランセ
ギャラリー&カフェ 寸座フランセの紹介ページです。

プロフィール

ミントクミ

Author:ミントクミ
寸座フランセへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



4月4日まで

今日は、3月31日明日はもう4月
桜も満開、良い季節です。

「鈴木照之ひとり展」一応、最終日ということで、朝から多くの人が来てくださいました。
人気の高さを改めて感じます。

あと、4月4日まで水~金まで延長ですが、何度見ても飽きません。
テル先生、また来年も楽しみにしています。(多くのファンの方を代表して)

teruru 012

teruru 008

teruru 014




4月4日(金)まで延長です!

3月31日(月)まで・・・
「鈴木照之ひとり展」でしたが、アンコール(?)にお応えして、
4月4日(金)まで延長いたします。

3gatu matu 011
今年の「白木蓮」です。
会期中に追加されました。

テル先生のこだわりは、毎年の個展で同じ作品は出さないということです。
花でも風景でも今年のものを描くをモットーとしています。

3gatu matu 009
「大内宿」 雪景色です。

3gatu matu 008
「緑葉」白根山への道
水辺のさざ波が素晴らしいです。

今年は特に、バリエーション豊かで盛り沢山。
観る人を飽きさせません。

(4月の展示は一部ないものもあります。)



感じるこころの絵

3gatu matu 010

3月も終わりに近づき、桜も咲き始めました。
今日も暖かく、あちらこちらで桜の情報が入ってきます。

この絵は。「八重の桜」・・・・NHKのドラマでもやったあの「八重の桜」です。
桜の枝がゆったりと揺れているような、風を感じます。
堂々とした凛々しくもある、リッパな桜の老木です。
この絵を描いた翌日の朝は、雪が積もって白銀の桜だったそうです。


昨年テル先生は、全国各地に旅行して絵を描いてきました。
「鈴木照之ひとり旅」です。
東北、北海道、中山道・・・。

「鈴木照之ひとり展」の三月で、先生は76歳になりました。

年を重ね、ますます生命力あふれる作品の数々です。
「生きる力をもらえる」・・・・

絵を描くとき先生は、「感動」を絵にする、その「感動」そのものを観る人も感じてくれたら・・・と言っています。
そこにある風景のそれだけでなく、感じるこころです。


teru 76 009

teru 76 002


鈴木照之 ひとり展76~冬からの彩を歩く旅 

3月1日(土)から始まりました
鈴木照之先生の個展です。

SBS学苑水彩画講座、公民館などで、絵画講師を16年やっています。

teru 76 004

teru 76 013

完璧な、
厳しさと優しさ、
雄大さ繊細さ、観れば見るほど深まる世界です。



[