ギャラリーカフェ 寸座フランセ
ギャラリー&カフェ 寸座フランセの紹介ページです。

プロフィール

ミントクミ

Author:ミントクミ
寸座フランセへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



絵を前にして

今日は、画家の先生とお仲間が絵を見に来て下さいました。
フルパチーノの作品は、どんな風に楽しんでくださったでしょうか

抽象的な平面と半立体の面がおりなす不思議さを、そのまんま受け止めてキャッチしてくださればうれしいです。
絵の見かたとか楽しみ方はあるかもしれませんけれど、基本的に自由だと思います。

フルパチーノの作品には、説明がありません。
だから、見方にルールはなく、感じたままに自由にいろんな風に感想を持っていただいたら・・・・。

画家によっては、説明とか、自分の訴えたい事〔メッセージ)を絵につけて展示してある物も有ります。
それはそれで、「ああいう風な事かいてあったけれど、ワタシはこんな風に考えるんだけれど、どう思いましたか?」とか聞かれた事もあります。〔松井冬子展についてですが・・・)

画家でなくても、絵について感性が鋭い人が多くて、
初対面でも、本当に深く絵について話し合ってしまいます。
絵と言うものを媒体にして、知らず知らず、自分の本質とか深層心理とか明かしていたりして・・・。
絵の前では、年齢も性別も関係なくなってしまうものでしょうか

furu 005
(この絵の中の彼は何を思う?)
昔、バックパッカーズの経験を持つという人が、その体験記を話してくれました。
話を聞きながら、絵の中の彼は、その人でもあるの気がしました。




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する