ギャラリーカフェ 寸座フランセ
ギャラリー&カフェ 寸座フランセの紹介ページです。

プロフィール

ミントクミ

Author:ミントクミ
寸座フランセへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



1月4日です。 

お正月休みもあっという間に終わり、明日からお仕事や日常に戻られるのですね。
大晦日、 初詣、お出かけで、どんどん日が過ぎて楽しく過ぎたことでしょう。

私は、年末に上嶋祐志さん〔細江町在住)の「田楽春の舞の切り絵」をホテルコンコルド浜松のギャラリーに観に行きました。(1月15日まで)
「川名ひよんどり」、「黒沢田楽」「田峰田楽」「懐山おくない」「坂部冬祭り」など三遠南信国指定重要無形民俗文化財を切り絵で表現した作品達でした。

ちいさな伝統的な祭りや行事がなくなりつつあるけれど、なくしてしまうのは惜しいと、今また注目されているそうです。
(過疎化して若い人がいなくなって、継承するひとが少なくなっている現状も確かにあります。)
日本の伝統的なものをまた、新しい眼で価値や魅力を見なおすことが大切なのでは・・・。

例えば、日本画や浮世絵でも古臭いのではなく、計算された構図だったり、洗練された形であったりするように。

teru 006
〔鈴木照之画・紅葉谷)

teru 004
〔鈴木照之画・桜淵)
・・・鈴木照之先生の作品も、日本の美しさを日本的に表現していると思います。

お正月は、〔いけばな)松を飾ったり、日本料理を口にしたり、神社に行ったり、日本的に過ごしたいですね。

また、浜松美術館〔第三展示室)で「竹内雅明 珠玉の日本画」〔細江町在住)が展示されています。
(1月25日まで)












この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する